不動産買取とは?

不動産買取とは、不動産会社がお客様の不動産を直接買い取ることです。
一方、不動産会社に依頼して購入希望者を探してもらい、不動産を売却することが仲介での売却です。

売却期間に余裕がある場合や、多少時間がかかっても高く売りたいという場合は仲介での売却をおすすめしております。

ですが、転勤やその他の事情ですぐにでもお家を売りたい、あるいは早く現金が必要でお家などの不動産を売る場合は不動産買取がおすすめになります。

仲介での不動産売却は、不動産売却の成立時に不動産会社に仲介手数料を支払う必要がありますが、不動産買取では不要です。

不動産買取はこんな方におすすめ

「すぐにでも売りたい」「急いで現金が必要になった」という方には不動産買取がおすすめです。

・転勤などの事情ですぐに遠方に引っ越す方

・近隣に知られることなくお家を売りたい方

・まとまった現金がすぐに必要な方

・不動産を相続したけどすぐに売りたい方

こちらの記事も読まれています|不動産売却する際に知っておきたい!一連の流れと準備しておくべきもの 【仙台不動産センター】

不動産買取のメリット

契約から引き渡しまでが断然早い

仲介での不動産売却は不動産会社が購入希望者を探し、不動産売買契約を成立させるものです。
売り出しから不動産売買契約、決済、引き渡しまで少なくとも3ヶ月くらいは考えていた方がいいでしょう。
また、相場に見合わない高い価格で売却しようとすると、購入希望者がなかなか現れず、半年から1年といった想定外の長期戦になってしまう場合もあります。

それに比べて不動産買取は、不動産会社が直接お客様の不動産を買い取るので、不動産会社とお客様の条件が合えば最短3日で現金化が可能です。

近隣に知られずに不動産売却ができる

不動産買取はお客様と不動産会社との直接の取引なので、不動産売却を他人に知られる心配はありません。

それに比べ、仲介での不動産売却では、購入希望者を探すために広告を活用します。
こうなると、近隣の方の目に触れることもあるため、売却の事実が知られる可能性があります。

仙台不動産センターでは秘密厳守を徹底しておりますので安心してご相談下さい。

不動産買取のデメリット

不動産買取のデメリットは、相場価格より安くなってしまうことです。
一般的な買取価格は、相場価格から2~3割安くなります。

また、不動産によっては買取ができないという場合もあるので注意が必要です。

こちらの記事も読まれています|不動産売却の査定の違いは?相場や依頼方法についても解説! 【仙台不動産センター】


仙台市で不動産売却をお考えでしたら仙台不動産センターにお問い合わせ下さい

仙台市でお家を売りたいと考えたら、仙台不動産センターにお問い合わせ下さい。

上記でいくつかご説明したように、不動産売却は『不動産買取』か『仲介での不動産売却』によって大きな差が生じます。
仙台不動産センターは地域に密着した不動産会社だからこそできる、迅速な対応・丁寧な対応・的確な対応を実現致します。

また、仙台市の不動産売却だけではなく、仙台市近郊の不動産売却にもご対応致します。
不動産売却査定や不動産売却相談のメールは24時間受け付けておりますので、是非ご活用下さい。

まずは、お気軽にお問い合わせ頂けますと幸いです。

しつこい営業は致しませんのでご安心ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。