相続した不動産を売却する流れや注意点とは?遺産分割協議についても解説

この記事のハイライト

●相続発生時の手続きの流れはまず「死亡届」の提出と「遺言書」の確認

●遺産分割協議は相続人が1人も欠けないよう確認が大事

●相続した不動産を売却するためにも忘れずに「相続登記」をする

相続した不動産の売却を考えるケースは少なくありません。
スムーズに売却するためには、いざ相続が発生したときに慌てなくて済むよう、必要な手続きや売却までの流れをおさえておくことが大切です。
この記事では、不動産相続をされた方やこれから予定がある方に向け、売却までの流れや注意点などを解説します。
仙台市や仙台市近郊で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

目次

相続発生から不動産売却するまでの一連の流れ

相続発生から不動産売却するまでの一連の流れ

「いつか」と思っていた相続が発生し、流れや手続きがわからぬまま手探りでおこなうと、大切な遺産を受け継ぐ相続なのに思うように進まないといった事態もあり得ます。
おおまかにでも必要な手続きの流れを知識として備えておくと、相続後の不動産売却まで安心して進められるでしょう。

相続した不動産の売却の流れ

①被相続人の死亡から7日以内
すぐにやるべきこととして、「死亡届」「火葬許可証」の提出が挙げられます。
死亡届は市区町村役場への提出し、市区町村役場で交付された火葬許可書は火葬時に火葬場に提出します。
また、すぐにおこなうべき流れとして、「遺言書」の有無についても確認しましょう。
有効となる遺言書があれば、遺言書にもとづいて相続を進める流れとなります。

②早期にとりかかりたいこと
遺言書が残されていないときには、「相続人の確認」が次の流れとなります。
相続人の権利をもつ方を明確にするためにも、全員の戸籍謄本を集めます。
また、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本も用意します。
遺言書がない場合の不動産相続では、ほかにも不動産の「登記事項証明書」や「固定資産評価証明書」など多数必要になります。
取り寄せに時間がかかるケースもあり、不備があれば相続の手続き自体が止ってしまうので、早めにとりかかるようにしましょう。

③遺産分割協議
遺言書がなく、相続人を確認して複数人いた場合には、「遺産分割協議」をおこなう流れとなります。
簡単にいうと、誰がどの遺産をどんな割合で相続するかを話し合う場です。

④売却までの流れ
その後、いよいよ具体的に相続した不動産の売却の流れと入ります。
まずは、相続した不動産の名義を相続人の名義となるよう「名義変更」の手続きをおこなって売却ができるようにします。
その後、査定と売却のステップへと進みます。
仙台市・仙台市近郊で、相続した不動産の査定や売却をご検討されている方は、エリア特性を活かした販売活動をおこなう弊社にご相談ください。

こちらの記事も読まれています|相続後の不動産売却にかかる譲渡所得税とは?節税に活かせる特例もご紹介 【仙台不動産センター】

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却するためにもおさえたい「遺産分割協議」

相続した不動産を売却するためにもおさえたい「遺産分割協議」

遺産分割協議とは

遺産分割協議は、相続する権利をもつ相続人が集まって、どの財産をどのように分配していくかを話し合うというものです。
相続人の全員でおこなうものとされており、未成年の相続人に関しては代理人も参加します。
遺産分割協議をおこなう手順としては、「相続人の確定」「相続財産の確定」「財産目録を作成」「全員の同意を得る」という流れです。
それぞれの手続きをみていきましょう。

相続人の確定
遺産分割協議をはじめる準備段階として、まず「相続人が誰なのか」を明確にします。
相続人が1人でもかけている状態でおこなわれた遺産分割協議は無効となる点に注意しましょう。
もし、後に「相続人がほかにもいた」というような場合には、遺産分割協議自体をやり直す事態になります。
行方不明者がいる場合などは、とくに注意して確認、調査します。
調査の方法としては、被相続人の戸籍情報を追って確認していくのが良いでしょう。

相続財産の確定
相続人を明確にしていくのと同時に、「相続財産の確定」も進めます。
遺産分割の対象となる財産には、プラスのものとマイナスのものがあります。
たとえば、不動産や現金、車や貴金属といった動産などはプラスの財産です。
マイナスの財産とは、借金や住宅ローン、滞納している税金などをさします。
遺産分割協議でマイナスの財産の負担割合について話し合うことはできますが、債権者に対する主張はできません。
被相続人が作ったマイナスの相続財産については、相続人が法定相続分にそって負担することとなります。

財産目録を作成
財産目録とは、確定した相続財産を一覧化したものです。
作成は義務ではありませんが、あると相続手続きがスムーズに運ぶでしょう。
また、プラスもマイナスもあわせて総計を出すことで、どちらが多いかを把握するのにも役立ちます。
ここまでで準備が完了し、いよいよ遺産分割協議となります。

全員の同意を得る
相続人同士で遺産分割協議がスタートし、話し合いが成立するには全員の「同意」を得ることが基本です。
理想は相続人全員が集まることですが、そうもいかない場合もあります。
法要の場などを活用してある程度の協議を進め、相続人の了承を取付けておくことができれば、代表者が遺産分割協議書を作って署名と捺印を集めるという方法も可能です。

遺産分割の方法

不動産は、預貯金などのように現金で分割することができません。
しかし、遺産に不動産があっても分割することは可能です。
利用できる4つの遺産分割の方法をご紹介します。

現物分割
不動産の現物を分筆登記するなどして、そのまま分け合う方法です。
分筆のほかにも、相続人で土地部分と借地権でそれぞれ受け継ぎ、現物分割とするケースもあります。

共有分割
共有分割では不動産そのものを分割せずに、相続人たちが相続分にそって共有するというものです。
持ち分の権利を分割することになります。
しかし、先々で売却したいときなど、相続人全員の承諾が必要なるため、万が一、仲違いをしてしまうとデメリットに感じるかもしれません。
相続後の売却も視野にあるなら、避けるほうが無難でしょう。

代償分割
1人の相続人が遺産の不動産を取得し、その後、残る相続人にお金を支払うのが代償分割です。
仮に、1,000万円の土地を2人の相続人で代償分割をするという場合、1人が土地のすべてを取得し、残る1人の相続人に対して、土地を取得した方が500万円を支払います。

換価分割
換価分割は、不動産を売却してから、その代金を分割する方法です。
不動産の分割方法としては、もっともよく選ばれている方法です。
仙台市・仙台市近郊で換価分割をする場合にも、さまざまな売却に対応してきた弊社にご相談いただければ、適切にサポートいたします。

こちらの記事も読まれています|終活で考えたい相続問題!不動産が空き家になると生じるデメリットとは?【仙台不動産センター】

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却するときに気を付けたい注意点

相続した不動産を売却するときに気を付けたい注意点

最後に相続した不動産を売却するときに気をつけたい注意点を解説します。

忘れずに「相続登記」する

相続後、いざ不動産を売却しようとなったときに注意したいのが、相続登記を忘れずにおこなっているかという点です。
被相続人の名義のままなっていると、売却ができないばかりか、ほかの相続人が自分の持ち分を登記して売却してしまう可能性もあるからです。

売却せず放置した場合の注意点

相続した不動産を売却しないまま、放置し続けると、さまざまな注意点が出てきます。
建物が劣化し、資産価値が下がり、売却したくても買い手がみつからないといった場合もあります。
また放置していても、固定資産税などは毎年かかってくることから、使用しないのであれば早期に売却することがおすすめです。

土地を売却するときの注意点

土地を相続し売却する場合の注意点は、一度相続の手続きをするとあとからの変更が難しくなるという点です。
土地は価格が変動しやすいという側面もあります。
売却時にも注意が必要ですが、代償分割で公平に分割したと思っても、先々で土地が予想以上に値上がりし他の相続人から不満が出る可能性も考えられます。
相続人同士でしっかり話し合い、合意をとっておきましょう。

こちらの記事も読まれています|終活で考えたい相続問題!不動産が空き家になると生じるデメリットとは?

まとめ

相続した不動産を売却するまでの流れや遺産分割協議の基礎知識などを解説しました。
相続した不動産は放置するとリスクを生んでしまうため早期売却を検討し、さまざまな注意点を把握したうえで納得のいく売却を成功させましょう。
仙台市・仙台市近郊で不動産相続し売却をお考えの方は、ぜひ仙台不動産センターまでお問い合わせください。

仙台市で不動産売却をお考えの方、仙台市で不動産売却をお悩みの方

仙台市でお家を売りたい、お家を売ろうか悩んだら仙台不動産センターにご相談下さい。

不動産売却査定は完全無料、査定結果の報告もスピード対応致します。

また、不動産売却時の仲介手数料の割引や、売却するお家の不用品回収・遺品整理も対応致します。

仙台市の不動産売却だけでなく、仙台市以外の地域の不動産売却査定もお気軽にお問い合わせ下さい。

不動産売却でお悩みでしたら、まずは仙台不動産センターにお問い合わせ下さい。

仙台不動産センターのお約束

1 仲介手数料の割引

2 売却査定・売却相談、完全無料

3 安心の買取保証

4 徹底した秘密厳守

不動産売却の流れ 【仙台不動産センター】


1・・・まずはお問い合わせ ➡ 不動産売却査定の依頼
不動産売却査定はスピード対応致します。


2・・・査定結果確認 ➡ 媒介契約
媒介契約時に仙台不動産センターの仲介手数料の割引の説明を致します。


3・・・不動産売却活動スタート
お家の中に不用品などございましたら不用品回収を割安で行います。

4・・・購入のお申し込み
売主様と購入希望者様の日程を調整して不動産売買契約日を決定します。


5・・・不動産売買契約締結
双方が記名押印し、買主様より手付金を受領して売買契約を結びます。


6・・・決済、お引き渡し
残金を買主様より受領し不動産移転登記を行い、お引き渡しとなります。

こちらの記事も読まれています|不動産売却で発生する「仲介手数料」とはどのような費用?【仙台不動産センター】

\お気軽にご相談ください!/


不動産の売却となれば、色々と手続きなど大変だと想像する方が大勢いらっしゃいますが、実際にはそれほど難しいことはありません。

様々な契約条件や引き渡し条件のすり合わせなどは不動産業者が行います。

また、売却するお家や売却する土地に関わる書類も、ほぼ不動産業者が取得してくれます。

お客様が不動産売却の意思をお伝えして媒介契約書に記名押印し、不動産売却査定書を参考にして不動産売却価格を決めて頂ければ売却活動をスタートする事が可能なのです。

まずはお気軽に不動産売却査定から

不動産売却を考えた時、先々の事を考えて面倒になっていませんか?

そんな時はまずはお気軽に不動産売却査定をご依頼ください。

不動産を今売ればいくらになるのか?それがわかれば今後の計画も立てやすくなるはずです。

また、わからない事は査定時に不動産会社の担当者に全て聞けばいいのです。

不動産売却を人生で何度も行う人はほとんどいません。

ほとんどの人が不動産売却の初心者なのです。

仙台不動産センターではお客様のお悩みやご不安にとことん向き合います

しつこい営業も致しませんのでご安心ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。