仙台市の土地を高く売りたいと考えている方


今回は土地を高く売るポイントについて解説します。

仙台市で土地の売却をお考えの方は参考にして頂ければと思います。

1 土地の売却期間に余裕を持つことが重要


土地を高く売るには土地の売却期間に余裕を持っておくことが必要です。

土地の売却までの期間は、マンションや戸建てなどと比べると長くなる傾向にあります。

ですので、土地の売却期間は十分な期間を見込んでおくことが高く売るポイントになるのです。

不動産売却には、焦って安く売ってしまう『売り急ぎ』があります。

売り急ぎにならないようにするためには、時間に余裕を持って売却活動を行うことが必須条件になります。

特に売却期限が決まっている人は、とにかく早く売却活動を始めるようにしましょう。


2 古家などがある土地はなるべく解体してから売却する


土地に古家や物置などが残っている場合は、なるべく解体してから売却することが高く売るポイントになります。

古家などが残っている場合、売却価格は土地価格から解体費用を差し引いた売却価格となってしまいます。

つまり、古家などが残っている土地は、更地価格よりも低くなるのです。

また、使えない古家などが残っている土地は、個人の方は購入するのにとても慎重になります。

古家などの建物がある土地だと、 更地になった状態がイメージしにくくなるからです。

個人の方があまり購入に前向きでないと、買主は転売を目的とした不動産会社が多くなってしまうため、安く買いたたかれてしまうことにあります。

個人に高く買ってもらうためには、建物などを解体して綺麗な更地にしておいた方が、売却価格や売却期間のどちらの観点から見てもプラスになります。


こちらの記事も読まれています|不動産売却時の査定の違いは?相場や依頼方法も解説!


3 境界を確定しておく


確定測量という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

土地を高く売るには境界を確定しておく、『確定測量』を行うことが重要になります。

境界が未確定の土地は、購入希望者が大きく減ってしまうため、高く売ることが難しくなります。

実測図や現況測量図、地積測量図といった図面があっても、『確定測量図』がない場合、境界が未確定の可能性があります。

確定測量図とは、全ての境界が確定しているときに作成できる測量図のことです。

境界が未確定の場合は、家屋調査士の先生に確定測量の依頼をします。

費用は、周辺の地権者が多いほど高くなります。

また、地権者の数が多いほど、境界確定の時間はかかります。

土地の境界が未確定のままでも売却活動は可能ですが、大半の場合は、決済(引き渡し)までに確定測量を行うことを求められます。


4 越境問題を解決しておく


土地を高く売るためには越境の有無を把握しておきましょう。

越境とは、樹木やブロック塀などが境界線をはみ出している状態のことを指します。

このような状態のままでは土地の売却がスムーズに行えなくなることが多いため、越境の覚書を締結することをお勧めします。

この越境の覚書とは、越境物がある場合に隣地所有者との取り決めを交わした書類になります。

木の枝など、簡単に解消できる越境物は土地の売却活動前に解消しておきましょう。

ブロック塀など、簡単に解消できない越境物がある場合は越境の覚書を取り交わしておきます。

越境の覚書があると、購入希望者が安心して購入することができ、高値の土地売却に繋がるのです。


5 地中埋設物や地歴の状況を把握しておく


土地を高く売るには、地中埋設物や地歴の状況を把握しておくことも必要なります。

地中埋設物とは、古い基礎部分や建築資材など土地の下に埋まっている物のことです。

地中に埋設物が残っていると、土地価格が下がってしまう可能性があります。

もし埋設物が残っていることを把握している場合は、どのような物が、どれくらいの量残っているのか早めに申告しましょう。

「知っていたのに知らないフリをした」場合は、後々のトラブルの原因になりますのでご注意ください。


もう一つの地歴は、過去に工場があったなど、その土地の利用履歴のことです。

昔は工場が建っていたので土壌汚染の可能性がある、と判断されると土地の売却価格に影響が出てきます。

ですが、土壌汚染については法律も整備されており、すでに土壌汚染がわかっている土地は地方自治体で登録されているため、ネットなどで確認することができます。

また、地歴が住宅地や農地、山林などの場合は売却価格に影響はありません。

地中埋設物のの有無や地歴は、自分で把握していることを早めに申告しておくことがトラブルのない、スムーズな土地売却に繋がります。


こちらの記事も読まれています|不動産売却時の査定の違いは?相場や依頼方法も解説!


6 仲介での土地売却を選ぶ


高い価格で土地を売りたいときに大事なのが、土地を売る際、仲介での土地売却にすることです。

土地を売るには、不動産業者に依頼して購入希望者を探してもらう仲介での土地売却と、不動産業者に直接買い取ってもらう買取の2つの方法があります。

スピード重視での土地売却の場合は買取をお勧めしますが、高い価格での土地売却を望む場合は仲介での土地売却を考えましょう。

不動産業者が買い取る場合、買い取った土地を販売して利益を出す為、相場価格での買取は難しくなります。

その買取価格は相場価格の7割前後と言われております。

一方、仲介での土地売却になりますと相場価格での土地売却が可能になり、売り出し価格は売主様が設定できます。

ただし、売り出し価格をあまりに高く設定するとなかなか売れないどころか、『売れ残り物件』と認識されてしまうこともある為、売り出し価格の設定には注意が必要です。

仙台市の土地売却ご相談下さい 【仙台不動産センター】


土地には、面積や形状、高低差、角地、前面道路の幅員等、価格に影響を与える要因が数多く存在します。

仙台不動産センターは地域に密着した会社ですので、仙台市の土地相場を熟知しており、お客様の土地の適正な売却価格をご提案致します。

仙台市の土地売却を考えている方はもちろんのこと、仙台市の土地売却を悩まれている方も、まずは一度ご相談下さい。

土地売却のご相談や、土地売却価格の査定は完全無料となっております。


仲介手数料の割引


仲介で土地を売ると、不動産業者に成功報酬として仲介手数料が発生します。

仲介手数料についてはこちらをご覧ください|仲介手数料とはどのような費用?

仙台不動産センターでは仲介手数料の割引を行っておりますので、売却費用を抑えた土地売却が可能です。

まずは一度、仙台不動産センターにお問い合わせ下さい。

お仕事がお忙しい方は24時間メール相談も受け付けておりますのでご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。