近年、仙台市でもリースバックをお考えの方が増えているようです。

しかしリースバックはどんなお家でも可能なわけではなく、リースバック後のトラブルも数多く発生しています。


今回はリースバックとはどのようなシステムなのか、どのようなメリット・デメリットがあるのか、ご紹介させて頂きます。


リースバックとは

リースバックとは「お家を売却して、そのお家を借りる」ということです。

現在住んでいるお家を売却して、その買主に賃料を払うことでそのまま住み続けることができます。

リースバックのメリット

売ったお家に住み続けることが可能

リースバックは、引っ越しをすることなく今のお家に住み続けることができるため、今の生活環境を変えることなく今まで通り生活することができます。

売ったお家を買い戻すことが可能

将来的に、お家を買い戻すことを条件にリースバック契約することが可能です。

固定資産税等の税金がなくなる

固定資産税等の税金は、その不動産の所有者が支払います。

リースバック後に所有権は買主に移るため、その買主が税金を支払うことになります。

今の住宅ローン返済額よりも安くなる場合がある

リースバックをすることにより、住宅ローンがなくなり、家賃の支払いが発生します。

ただし、リースバックをするには住宅ローンを完済する必要があります。

こちらの記事も読まれています|任意売却について【仙台不動産センター】


リースバックのデメリット

リースバックの審査に通らない可能性

お家を売った後にもそのまま住み続けられるリースバックですが、審査があり、審査に通らないと利用できません。

審査内容はその会社により異なりますが、今住んでいるお家の評価額が住宅ローンの残債を上回っていないと難しいでしょう。

買取価格を市場価格より大幅に値下げされる

リースバックにおけるお家の買取価格は市場価格の約7割前後と言われています。

リースバックには今のお家に住み続けられるというメリットがありますが、それほど今のお家にこだわりがない場合は、通常の不動産売却をすることをお勧めします。

家賃が高いことが多い

リースバックを利用したときの家賃は相場に比べて割高に設定されることが多いのです。

引っ越しが不要という手軽さだけに気を取られて契約すると、家賃の支払いが徐々に厳しくなってしまうことも考えられます。

家賃値上げの可能性

不動産の所有者から、契約更新のときに家賃の値上げをされることがあります。

最初は「家賃を上げることはない」と聞いていたのに、契約更新時に値上げをされるということもあるようです。

無断でお家を売られる可能性

リースバック契約においては、賃貸借契約中に所有者が変わることがあります。

新たな所有者に賃貸借契約の更新を断られたり、賃料の値上げをされるという可能性が出てくるのです。

このような状況を防ぐためには、第三者への売却禁止を契約時に合意し、書面に明記しておくことが必要になります。

お家の買い戻しを断られる可能性

将来的に売却した不動産の買い戻しを希望していても、所有者に拒否されることがあります。

このようなトラブルを防ぐためにも買い戻し条件を書面に明記しておくことが必要です。

買い戻しの金額が高額になる可能性

いざお家を買い戻すときに、所有者が変わったことなどによって高い金額を提示される可能性もあります。

こちらも買い戻し条件を書面化しておくことが有効です。

また、買い戻し金額が高くならないよう、複数の会社を比較検討しましょう。

退去を求められる可能性

リースバックは買い取ってもらった後も住み続けることが最大のメリットです。

しかし、賃貸借契約の内容によっては退去を求められる可能性があります

リースバックは「定期借家契約」となっていることが多く、契約期間が過ぎたら退去しないといけません。

定期借家契約とは、契約期間満了になると再契約できないことがあるのです。

このようなトラブルを避けるためには、賃貸借契約が普通借家契約であることを確認しましょう。

こちらの記事も読まれています|任意売却について【仙台不動産センター】

リースバック契約時の注意点

まずは通常の不動産売却金額の査定を依頼する

リースバックは市場相場よりも低い金額で売却することになります。

メリットもありますが、買い戻す予定がないのであれば、リースバックを利用するよりも通常の不動産売却がお勧めです。

通常での不動産売却時にどれくらいの金額になるのかは必ず把握しておきましょう。

賃貸契約の内容を確認する

賃貸契約が定期借家契約か普通借家契約かは必ずご確認下さい。

長い期間住む予定がない場合は定期借家契約でも構いませんが、これから同じお家に住み続けたいと考えている方は普通借家契約になっているかを確認しましょう。

買い戻し金額や条件の明記

将来的にお家の買い戻しを検討している方は、買い戻しの金額がいくらになるのかを事前に書類に明記しておきましょう。

買い戻しができるという口約束だけでは、将来、所有者様が買い戻しに応じない可能性があります。

また、買い戻しの条件等を書類に明記すること、条件等の内容をしっかり把握しておくことが重要です。

お家が第三者に売却されないようにする

リースバックでは所有者が変わることによって、家賃が値上げされる可能性があります。

そのような状況を防ぐために、第三者には売却しないという内容を文書に残しておきましょう。

仙台不動産センターにご相談下さい

仙台市でお家を売るなら仙台不動産センターにご相談下さい。

リースバックをお考えの方も、まずはご所有の不動産の価値を知ることが必要です。

仙台不動産センターは地域に密着している不動産会社ですので、迅速な対応、丁寧な対応、的確な対応を実現します。


仙台不動産センターのお約束

1 仲介手数料の割引

2 不動産売却査定は完全無料

3 徹底した秘密厳守

4 安心の買取保証 


仙台不動産センターでは不動産売却時の売主様の負担になる仲介手数料を割引しております。

また、お家やマンションを売る時に問題になる不用品回収も割安にてご対応。

不用品回収・遺品整理から不動産の売却までワンストップでご提案させて頂きます。


仙台市の不動産売却だけでなく、仙台市近郊エリアの不動産売却もご相談下さい。

お忙しい方は24時間、お気軽にメール相談も可能ですので、是非ご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。